イビサクリームと薬用アットベリーを比較!

イビサクリームと薬用アットベリーは、どちらも同じ身体の黒ずみ対策用のクリームです。

 

どちらも無添加、日本製、医薬部外品であり、共通点の多い商品なのですが、この2商品の比較をしてみましょう。

 

成分や価格を比較しましたので、どちらの黒ずみ対策クリームを使った方がいいか、検討の参考にしてください。

 

 

まず、イビサクリームについてです。

 

薬用成分として、メラニン生成を抑制するトラネキサム酸と、
肌荒れを沈静化、防止するグリチルレチン酸2Kが配合されています。

 

他に、メラニン生成にアプローチする4種類の天然由来の植物成分や、
8種類の保湿成分も配合されています。

 

通常価格は、7,000円ですが、定期ケアコースを利用すれば、
送料無料の4,970円になります。

 

 

次に薬用アットベリーです。

 

プラセンタやグリチルレチン酸2K、甘草フラボノイドなどの
5種類の美白成分が配合されています。

 

そしてセラミドなどの6種類の保湿成分も配合されています。

 

通常価格は、6,500円で、
定期コースを利用すれば、送料無料4,700円になります。

 

配合成分や価格もとても似ていますね。

 

 

特に価格については差は無いので、どちらを選んでもコスパは変わりません。
肝心の成分については、両方共グリチルレチン酸2Kが配合されていますね。

 

これは甘草から抽出された消炎作用のある成分です。

 

肝心の美白成分について、薬用アットベリーとくらべてイビサクリームは、
よく使われる実績のある成分、トラネキサム酸が入っているので
こちらの方が期待が持てますね。

 

 

>>イビサクリームは市販で買えない?【30%OFFの販売店】